はざ掛け

 はざ掛けとは刈り取った稲を乾燥させるために竿に掛けることを言います。
昔は良く見られた光景ですが、今はコンバインで刈り取って直ぐに脱穀し、茎や葉は裁断して田んぼに撒いてしまうことが多くなりました。
そのため、はざ掛けを見る機会が少なくなりました。
群馬県北部のみなかみ町にはその光景が残っている所があります。
f0215964_15495718.jpg


 今回はそのはざ掛けといろいろなものとのコラボ写真をアップ致します。
先ずは、彼岸花とのコラボです。
f0215964_15533259.jpg
f0215964_15534380.jpg


 石仏とのコラボ
f0215964_15542556.jpg


 秋の草花とのコラボ
f0215964_155530100.jpg


 ハクセキレイセグロセキレイとのコラボ
kazutoriさんに教えて貰いました。ありがとうございました。
f0215964_1556432.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-10-10 15:57 | 風景写真


<< 彼岸花 未だ見られました カワラヒワ? >>