<   2013年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ウスバシロチョウ?

 昨年写した蝶です。
名前不詳のため、アップしておりませんでした。
愉快な仙人さんのブログを拝見していて、似ている蝶に出会いました。
名前をウスバシロチョウと言うそうです。
多分下の写真の蝶もそうだと思います。
愉快な仙人さん初め蝶に詳しい方に同定して頂きたいと思いアップ致しました。
よろしくお願い致します。


f0215964_1657669.jpg


f0215964_1657558.jpg


f0215964_16572276.jpg


f0215964_16581293.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-31 16:59 | 生き物

谷川岳が良く見える白毛門

 野鳥やカメラのことについていつも教えて頂いているブロ友のkazutoriさんから谷川岳近くの白毛門(しらがもん)と言う山にチャレンジすることになったとコメントを頂きました。
初めて名前を聞く山でしたが、調べて見ると一の倉沢出会いから正面に見える山の様に思われます。
その山ならば、私も写真を撮っていました。
懐かしくなり古い写真を引っ張り出して来ました。

 白毛門からは一の倉沢やマチガ沢がとても良く見える様です。
kazutoriさんの写した写真がアップされるのが楽しみです。

 或いは、掲示板の頃一度アップした写真かも知れませんが、当時のことを知る方は少ないと思いますので、一の倉沢、マチガ沢の写真とともに再度アップさせて頂きます。
(2007年5月11日に写したものです。)

①白毛門(多分)
f0215964_1425263.jpg

②白毛門(多分)
f0215964_14251385.jpg

③一の倉沢
f0215964_14254119.jpg

④マチガ沢
f0215964_14263541.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-30 14:32 | 風景写真

赤城自然園の花々 クリンソウなど

 本日、午後から雨が降り出しました。
こちらも梅雨入り宣言が出されることでしょう。
 
今回も以前赤城自然園で写した花々をアップさせて頂きます。

①クリンソウ
  サクラソウ科サクラソウ属の多年草。
ウィキペディアに寄れば、「花が花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることから名前の由来となっている。」とのことです。
f0215964_13235627.jpg

②クリンソウ
f0215964_13244280.jpg

③オダマキ
  キンポウゲ科オダマキ属
ウィキペディアによれば、「オダマキ(苧環)は元来は機織りの際に麻糸をまいたもののことで、花の形からの連想である。」とのことです。
f0215964_13244138.jpg

④サクラソウ
 サクラソウ科サクラソウ属。準絶滅危惧種。
f0215964_13251015.jpg

⑤クマガイソウ
f0215964_1325010.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-29 13:38 | 花の写真

赤城自然園 ツツジ

 赤城自然園のセゾンガーデンには小さな人口の滝があり、周辺にはツツジやシャクナゲが沢山植えてあります。
また、直ぐ傍に全国から集めたと言う色とりどりのツツジが群生しております。
今回はそんな光景を紹介致します。

①セゾンガーデンの滝とツツジ、シャクナゲ
f0215964_1618887.jpg

②セゾンガーデンの滝とツツジ、シャクナゲ
f0215964_16182415.jpg

③色とりどりのツツジ
f0215964_16182644.jpg

④色とりどりのツツジ
f0215964_16184253.jpg

⑤色とりどりのツツジ
f0215964_16184427.jpg

⑥色とりどりのツツジ
f0215964_1619164.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-28 16:25 | 花の写真

雪融け水

 群馬県北部では田植えが始まりました。
そのためか利根川上流のダムからの放水が多くなりました。
加えて気温が上昇し、みなかみ町ではラフティングに興じる若者が見られる様になりました。

①出発
f0215964_16104233.jpg

②岸近くまで水が流れています。
f0215964_16115285.jpg

③荒波が立っているところもあります。
f0215964_16204443.jpg

④タイミングが悪く絶景ポイントにボートが見えませんでした。
f0215964_1621859.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-27 16:23 | 風景写真

赤城自然園の花々

 また、以前写した赤城自然園の花をアップさせて頂きます。

①ラショウモンカズラ
 シソ科ラショウモンカズラ属の多年草。
ウィキペディアによれば、「名前はこの花を、渡辺綱が羅生門で切り落としたとされる鬼女の腕に見立てたものとされる。」とのこと。
そんな気持ちの悪いものには見えず、寧ろ美しく感じますが。
f0215964_1623798.jpg

②ハンカチノキ
 赤城自然園へこの木を目当てに訪れる人が多く見受けられます。
f0215964_16264593.jpg

③ヤマブキソウとヤマツツジ
f0215964_16273080.jpg

④シャガ
 ウィキペディアによれば、「シャガは中国原産で、かなり古くに日本に入ってきた帰化植物である。」とのことです。
f0215964_1628799.jpg

⑤ウラシマソウ
 マムシグサと同じくサトイモ科テンナンショウ属の多年草 。
 花の先端の釣り糸状のものを浦島太郎が持っている釣り竿の釣り糸に見立てて名前が付けられたのではないかと言われている。
f0215964_1628361.jpg

⑥オキナグサの実
 この姿がまさに老人の頭に似ていますね。それが名前の由来の様です。
f0215964_16291076.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-26 16:45 | 花の写真

キセキレイの巣立ち

 いつも行く公園に睡蓮と蓮が植えてある池があります。
ここのところ雨が降らないので水が少なくなり、野鳥の水浴びに丁度良い様に感じます。
何かいないかと池の傍に行こうとすると

①キセキレイが頭の上の枝に飛んで来てとまりました。なかなか逃げようとしません。
f0215964_9575482.jpg

②いつもはこちらの姿を見れば直ぐ逃げ去るのに、不思議なこともあるものだと思いながら、池の辺にある木の傍に行くと別のキセキレイが来てとまりました。
 こちらは餌を銜えています。
f0215964_101984.jpg

③飽きるほどシャッターを押しても逃げようとしません。
f0215964_1021972.jpg

④池を回って反対側へ行くと、池の中にもいます。
f0215964_1031942.jpg

⑤そして、その近くにある木にもとまって逃げようとしません。
f0215964_1042529.jpg

⑥池の辺の石の上に雛を見付けました。巣立ったばかりの様です。
 親鳥は侵入者の私に入って来るなと威嚇していたか、或いは雛から目を離させるために傍に寄って来た様です。
f0215964_1064015.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-25 10:10 | 野鳥

赤城自然園の花々

 またまた、赤城自然園で以前写した花々をアップさせて頂きます。
意識した訳ではないのですが、今回は白い花と黄色い花になってしまいました。
 

①キンラン
  ラン科キンラン属の多年草で、地生ラン
f0215964_11412721.jpg

②ギンラン
  ラン科キンラン属の多年草で、地生ラン
f0215964_11415518.jpg

③ツバメオモト
  ユリ科ツバメオモト属の多年草
f0215964_11424049.jpg

④カラタチの花
  ♪カラタチの花が咲いたよ。♪白い白い花が咲いたよ。♪
     作詞 北原白秋
     作曲 山田耕筰
f0215964_11431159.jpg

⑤ルイヨウボタン
  メギ科ルイヨウボタン属の多年草。
f0215964_1143473.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-24 11:56 | 花の写真

ラブラブなイカル

 前々回の記事に「イカル惜しかったですね。」と言うコメントを沢山頂きました。
そこでもう少しマシな写真を写したいといろいろ試みています。
昨日、葉っぱの茂りが少ない木にもイカルが来ることが分かったので、今日はここで長期戦とばかり折り畳み椅子を持って現地へ行きました。
テレコンをつけてカメラは三脚に固定して写そうと意気込んでいました。

 現地へ着くと高崎から来たバーダーさんがいました。
プロ級のカメラとレンズ持参で、野鳥のことに詳しい方です。
いろいろ教えて頂きながら、ここに巣を作るとイイネと言う結論になりました。
2羽が同時に行動しているので、その可能性は十分ありそうです。
1時間くらいいろいろ教えてくれて、その方は仕事があるからと帰りました。

 さて長期戦になるかとカメラを構えていると来ましたよ。番と思われるイカルです。
①ラブラブなイカル
  これなら雛が期待出来るかも知れません。
f0215964_1561334.jpg

②ラブラブなイカル
f0215964_1564640.jpg

③イカル
f0215964_1571039.jpg

④イカル
f0215964_1573767.jpg


昨日写したもの。テレコンなしなのでAFが利きます。小さいけれどこちらの方がピントが合っています。
⑤イカル
f0215964_1575599.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-23 15:09 | 野鳥

伊香保森林公園 オンマ谷

 本日、久しぶりに伊香保森林公園のシダの池に野鳥を写しに行って見ました。
朝9時頃に着いたのに、既に先客が数名いました。
聞けばコルリが一度出たとのこと。
しかし、待っていてもなかなか野鳥は現れません。
一度コルリが出たのですが、池の向こう側で写せませんでした。
 前橋は真夏日に近い気温の予報でしたので、薄着で行きましたらここでは寒くて堪りません。
風邪を引くと困るので、諦めて先日イカルを写した公園まで戻ることにしました。

①直ぐ近くに、つつじヶ丘があるので帰る前にヤマツツジを1枚撮影。
f0215964_1733373.jpg


 帰ることにしたのですが、車を走らせながらオンマ谷へ行って見ようと思い立ちました。
そこはコマドリの最終移住地と聞いていました。
しかし、シダの池で会った人何人かは、鳥の声は聞こえるが写したことはないと言っていました。
行って見ると、野鳥の声が大きく沢山聞こえます。
しかし、全然姿が見えません。会ったのはバーダーさん一人だけ。やはり何も写せていないとのこと。

②そんな状況下で白い花に出会いました。名前が分かりません。
f0215964_17424137.jpg
 
③こんな所を通って先へ進みます。
f0215964_17422224.jpg

f0215964_17423833.jpg

④しかし、いくら進んでも野鳥を見ることが出来ません。
 目指すオンマ谷風穴も見つからないので、引き返すことにしました。
 引き返す途中で小さなスミレを見付けました。花の大きさは米粒ほど。ちょっと大げさかな。(笑
f0215964_17443747.jpg

⑤エンレイソウを見付けました。自然の中で見つけるとそれは嬉しい。
f0215964_174639.jpg

⑥ミヤマセセリも見付けました。枯葉と間違えると言う蝶です。
f0215964_17472350.jpg

⑦駐車場近くまで引き返すと、オンマ谷風穴があるのに気が付きました。
まさか、こんな所にあるとは思っていませんでした。
f0215964_17502335.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-22 18:01 | その他