<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

SLみなかみ号

 覚満淵シリーズはまだまだ続くのですが、一先ずお休みしてSLの写真をアップさせて頂きます。
鉄道マニアではないのですが、段々病みつきになりそうです。

本日は真正面から写せる場所を確保出来ました。
風が穏やかで吹く方向が良かったので、煙の立ち上る様子が見応えありました。
f0215964_13581162.jpg


かなり接近。ここからカーブして行きます。
f0215964_13582639.jpg


目の前を疾走するSLです。
f0215964_13584524.jpg


ドラマチック トンビ
 SLを写すのに、C-AFモードを使って見たのですが、ついでに舞っているトンビを写して見ました。
トンビはイマイチですが、空がとてもドラマチックに写りましたので、アップしたくなりました。
f0215964_145158.jpg


帰り道、赤花夕化粧でしょうか。田植えの終わった畦道に綺麗に咲いていましたので写して見ました。
f0215964_1484622.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-06-30 14:16 | 乗り物

カルガモ  覚満淵にて

 覚満淵は一周約1,000m、その中に沼があります。それほど深い沼ではなさそうです。
そこにカルガモの家族が住んでいます。
カルガモは警戒心が薄いのか、かなり近くまで寄って来ます。
f0215964_11335067.jpg


70-300mmの望遠レンズをつけて撮影したのですが、70mmにしても画面からはみ出しそうになるくらい近くまで来ます。
f0215964_1139492.jpg


コガモ達は自分で餌をとれる様になったのか、水に潜ったりしています。
f0215964_11414446.jpg


親ガモの後について泳いでいるのを見るとホノボノとして、何時までも見ていたい気持ちになります。
f0215964_1144559.jpg
f0215964_11441494.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-06-29 11:47 | 生き物

覚満淵のレンゲツツジ

 前回に続き、覚満淵の写真をアップ致します。
今回はレンゲツツジと湿原のコラボ写真です。

 ここにはニッコウキスゲも沢山ありました。しかし、鹿に食べられて激減しました。
最近、鹿の害を防ぐネットで囲まれたので、効果を期待しております。
レンゲツツジは有毒なため鹿も食べません。毎年、沢山綺麗に咲きます。
f0215964_1602744.jpg


木道を挟んでレンゲツツジが美しさを競っています。
f0215964_1604059.jpg


もう少し早く行けば、ズミの白い花がみられましたのに残念です。
f0215964_1605771.jpg


遠足の子供達もレンゲツツジの美しさに歓声を上げていました。
f0215964_161828.jpg


レンゲツツジの赤と周囲の緑の対比が綺麗です。
f0215964_1611719.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-06-28 16:13 | 風景写真

小尾瀬  覚満淵  

 全国に小尾瀬と呼ばれるところは沢山あると思いますが、覚満淵もその一つです。
赤城山の大沼の近くにあり、季節々々に応じて湿地帯の美しい景色を見せてくれます。
(覚満淵についてネットで調べて見ましたところ、以前私がHPに載せた紹介記事が偶然見つかりました。そのまま転記させて頂きました。)


 赤城山のレンゲツツジはもう遅いかなと思いながら出掛けて見ました。レンゲツツジで有名な白樺牧場では時既に遅しと言う感じでしたが、覚満淵では丁度見頃でした。
美しい風景に魅せられて、写真を撮り過ぎました。
一度では紹介し切れないので、数回に分けて紹介させて頂きます。

 今回は広角レンズで写した広い湿原を主にアップさせて頂きます。

沼の周りを湿原が取り囲んでいます。
f0215964_2016130.jpg


湿原には特有の植物やレンゲツツジ、ズミなどが自生しています。
f0215964_20201333.jpg

f0215964_20191133.jpg


湿原に入らぬ様に木道が整備されていますが、風景と溶け合って風情を醸し出しています。
f0215964_20223752.jpg

f0215964_20233724.jpg


Moreにあと6枚あります。興味ありましたらご覧願います。

More  
[PR]
by itohnori | 2012-06-27 20:30 | 風景写真

雑草……でも、綺麗そして効能あり

ユキノシタ(ユキノシタ科ユキノシタ属)
 ユキノシタの清楚な白い花を見ると、梅雨の鬱陶しさを忘れますね。
ユキノシタは漢方薬として知られていますが、抽出したエキスは老化防止、美肌効果があるそうでです。
f0215964_1793785.jpg


ドクダミ(ドクダミ科ドクダミ属)
 ドクダミも漢方薬として知られていますね。
庭先に清楚な白い花が咲いているので綺麗だなと眺めているうちに、数年経つと雑草と化しあちらこちらに殖えて、駆除するのに困ったことがあります。
みなさんはそんな経験ありませんか?
花弁に見える白い所は苞とのことです。そして黄色い部分が花なのですが、花弁も、がくもなく、雌しべと雄しべのみだけで構成されているとのことです。
f0215964_1795879.jpg
f0215964_171077.jpg


ヘビイチゴ(バラ科ヘビイチゴ属)
 美味しそうな実を見ると食べたくなりますが、毒があるという俗説があります。
実際には、無毒の様です。しかし、食べてもまずいとのことです。
若い時、胃が弱いと言ったらそれならヘビイチゴを焼酎漬けにして飲むと良いと言われました。それを飲むくらいなら胃が弱くても良いと思いましたが。(笑
でも、虫刺されには効くとのことです。こちらなら試してみても良いですね。
f0215964_17102762.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-06-26 18:01 | 花の写真

夏の定番  ユウレイ?

 ユウレイと言っても、ユウレイタケ別名ギンリョウソウです。
葉緑素のない腐生植物だそうです。
今年も生えているのを見つけました。
針葉樹の下の湿り気の少しある斜面に生えていました。
人影のない場所にひっそりと生えています。
初めて見た時は薄気味悪さを感じがしたのですが、今回で3年目、流石にまた会えたねと愛おしさを感じる様になりました。

f0215964_9541975.jpg
f0215964_9545483.jpg
f0215964_9552990.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-06-25 10:04 | 花の写真

ナツドリ

 この時期になりますと葉っぱが茂り、鳴き声が聞こえても野鳥の姿をなかなか見つけられません。それでも、6月になって何種類かの野鳥を写しましたので、ご覧頂ければと思います。

ムクドリ
 麦を刈って田を耕すと、餌があること知っているのでしょうね。沢山のムクドリが集まって来ます。
いつもは、無視して写さないのですが、偶然こんなシーンが撮影出来ました。
f0215964_10494774.jpg


コゲラ
 シジュウカラやエナガと一緒にいることが多いのですが、この時は1羽でいました。
f0215964_10511785.jpg


エナガ
 動き回って写すのが大変でした。ボケ写真を量産して1枚だけ何とか写せました。
f0215964_10541214.jpg


シジュウカラ
 いつもは木の頂上や葉の陰で鳴いているのですが、この時は良い位置に出て来てくれました。
f0215964_10564960.jpg


カワラヒワ?
 林の中から飛び出して来て、池の中の木にとまりました。
遠い所でしたので、思い切りトリミングして見ましたが、鳥に疎い私には良く分かりません。
カワラヒワの様な気がしますが。
f0215964_10594255.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-06-24 11:02 | 生き物

カシワバアジサイ

 矢車草を前ボケにして写してみました。
カシワバアジサイは古くから日本にもあった様ですが、私が初めて見たのは今から20年くらい前でした。その頃から、一般に出回り始めた様に思います。

f0215964_934185.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-06-23 09:36 | 花の写真

高嶺の花

 前々回に続き、丸沼高原の高山植物を紹介致します。
流石に海抜2,000mですね、シラネアオイの他に平地では見られない花々が咲いていました。

先ず、チングルマ(バラ科ダイコンソウ属)です。
花言葉は可憐、それにぴったりの花ですね。
f0215964_10283838.jpg
f0215964_10284926.jpg


コイワカガミ(イワウメ科)
f0215964_10294244.jpg
 

エゾノツガザクラ(ツツジ科ツガザクラ属)
 ウィキペディアによれば
「日本では北海道~東北地方以北の高山帯の適度に湿り気のある岩場や草地に群生する高山植物。」
とのことなので、ここで見られたのはラッキーなんでしょうね。
f0215964_10304758.jpg


クロユリ(ユリ科バイモ属)
 ♪黒百合は 恋の花……♪(歌唱;織井茂子)なんて、もう死語なんでしょうか。松竹映画「君の名は」の主題歌だと知っている人も少ないのでしょうね。その前に「君の名は」って何と言う質問が出そうですね。
f0215964_10322394.jpg
f0215964_10323128.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-06-22 10:54 | 花の写真

里山散歩

 今日もはっきりしない天気ですが、夜まで雨は降らない予報。
それならばと、砂防ダムまで行って見ました。
ダムの下の田んぼに行くと、ハクセキレイの幼鳥が、…。
あれー、自宅の庭に来たのと似ている。もしかして、あのハクセキレイ?
そんな訳はありません。自宅からかなり離れた場所ですから。
でも、田んぼの中でこんなに綺麗に羽ばたいてくれました。
やっぱりあのハクセキレイがサービスしてくれたのかな…などと思ってしまいます。
f0215964_16284020.jpg


近くの田んぼの風景。水澤山が霞んでいます。分かりますでしょうか?
f0215964_16304643.jpg


近くにあるナワシログミも色付いていました。
f0215964_16314669.jpg


ダム湖に行くと先ず目に付いたのが、カルガモです。♂と♀の番(つがい)でしょうか。仲がいいですね。
f0215964_16335793.jpg


ツバメがダム湖の上を飛んでいます。小魚を狙ったのででしょうか。波紋が立っています。波紋にはピントが合ったのですが、肝心のツバメはボケボケです。
f0215964_16363988.jpg


堤防上の紫陽花は未だ見頃にはなりません。早く綺麗に色付いて欲しいのですが。
f0215964_16374649.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-06-21 16:41 | 風景写真