<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

星の瞳

 別名のオオイヌノフグリと言った方が、分かる方が多いと思います。
でも、実の形が似ているからと言って、こんなに可憐な花をそんな呼び方をしたら気の毒に思います。
「瑠璃唐草」や「星の瞳」と呼んだ方が似合う花ですね。花言葉は「信頼」「神聖」「清らか」「忠実」なのですから。

f0215964_15122721.jpg

(ゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草)
[PR]
by itohnori | 2012-03-31 15:19 | 花の写真

突然の春

 今日は気温が上がりました。車の温度計が20℃を示していました。
いつもの様に砂防ダムへ行くと、直ぐに見つけたのがモズでした。
f0215964_16592538.jpg


縄張りを主張しているのでしょうか?囀っています。
f0215964_1703762.jpg


見つかったかなと思いましたが、逃げません。ダム湖に張り出した木の枝にとまっているので安心しているのでしょうか。
f0215964_1725583.jpg


飛び立つところを写したいと思ってカメラを構えていたのですが、全然その気配がありません。かなり長い時間待っていたのですが駄目です。車が通り過ぎたのですが、それでも逃げません。こんな時は三脚を持ってくれば良かったと後悔します。根負けして、諦めました。
そして、いつもの所にジョウビタキを見つけました。
ジョウビタキも飛び立つところを狙っていたのですが、タイミングが合わずに逃げられました。
f0215964_177039.jpg
f0215964_1771064.jpg


大きな声で囀っている鳥がいます。しかし、遠すぎるし、枝被りでピントが合いません。
良く見るとホオジロの様です。こちらも縄張りを主張している様です。
f0215964_17102934.jpg


もう少し近くでと思って移動したら逃げられましたが、道路脇に何か鳥がいます。
これもホオジロ?遠くて良く分かりません。
f0215964_17123836.jpg


いつも同じ鳥ばかりなので、飛翔シーンを狙うのですが、なかなか上手く行きません。
[PR]
by itohnori | 2012-03-29 17:18 | 生き物

えっ!もう蝶が飛んでいる、それもクジャクチョウが!

 昨日から一転して、こちらは暖かい一日になりました。
いつもの様に野鳥を探して歩いていたのですが、全然見つかりません。
しかし、目の前を飛んで行くものがいます。
良く見ると蝶の様です。動きが速くてとても写せませんし、直ぐ遠くへ行ってしまいました。
元々写す積りもありませんので、追いかけることもしませんでした。
 そして、ダムの堤防の下に行って見ると、また蝶が飛んでいます。
蝶では写しても仕方ないなぁと無視して通り過ぎようとして、静止した蝶を見るとクジャクチョウではありませんか。これにはビックリです。
f0215964_16514679.jpg


こんな時期に蝶を見るのも珍しいですが、自宅から徒歩で20分ほどの所にクジャクチョウがいるなんて感激です。近くで冬越ししたのでしょうか。
蝶の下を見て頂くと、何かのチューブみたいなものがあります。
自然が一杯と言う所ではなく、人間が普通に生活している近くであることがお分かり頂けると思います。
f0215964_172840.jpg


動きが速くてなかなか良いアングルから撮れませんでした。翅を閉じたところを一枚。
f0215964_1741910.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-03-27 17:18 | 生き物

河岸段丘の街

 群馬県沼田市は教科書にも出て来るくらい有名な河岸段丘の街とのことです。
勉強しなかったためか、私はそれを知ることもなく、つい最近ネットで知りました。
 沼田市の場合、浅間山の噴火により、利根川(片品川)が堰き止められて湖ができて、その堰が順次崩壊して、幾重もの段丘が出来たとのことです。
その沼田市を昭和村から見ると、武尊山に抱かれた雄大な景色として見ることが出来ます。
私はこの雄大な風景が好きで、何度か水彩画で描いて見ましたが、描く度に力不足を感じさせられます。

f0215964_1650592.jpg

             河岸段丘の街  F15号(652×530)
[PR]
by itohnori | 2012-03-25 16:59 | 水彩画

逃げろ!

 野鳥が逃げる時は向こう側に飛び去ることが多いのですが、このセグロセキレイは横に逃げてくれました。
そのため、目にピントが合いました。
こんな偶然が何回も重なると良いのですが。

f0215964_112854.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-03-23 11:07 | 生き物

ホトケノザ

 冬の間、日溜りで咲くホトケノザ(シソ科オドリコソウ属)、寒い寒いと言っても明るく元気に咲いています。
逆光気味のホトケノザが綺麗だったので、気分を変える意味でアップしてみました。

f0215964_924416.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-03-22 09:26 | 花の写真

セキレイ

 散歩しながら鳥を探すのですが、どうしても見つからない時があります。
そんな時、頼りになるのがセキレイ君です。
子供の時、遊んだ川の上流なんですが、セキレイ君が必ずいます。

一番多いのがセグロセキレイ。
警戒心の強い鳥ですが、ある程度まで近づける様になりました。
f0215964_920348.jpg
f0215964_9201778.jpg


キセキレイ
警戒心が強くてなかなか近づけませんし、可愛いポーズを撮らせてくれません。
f0215964_9225023.jpg
f0215964_923041.jpg


ハクセキレイ
ここにいるとは思っていなくて、セグロセキレイかと思っていました。
それにしては近づいても逃げないなと思って写して見たらハクセキレイでした。
f0215964_926835.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-03-20 09:30 | 生き物

ブレブレの飛翔写真ですが

 ブレブレの飛翔写真ですが、連写して偶然に写った飛翔写真を集めてみました。

シジュウカラの飛翔
柵にとまっていたのですが、飛び出した瞬間です。
f0215964_929151.jpg


エナガ
上のシジュウカラと一緒にいました。
飛び出す瞬間なんでしょうか?
脚で枝をけって、飛び出してから羽ばたき始める鳥もいますね。
エナガは違うのかな?
f0215964_9302643.jpg


お尻を向けて、失礼なエナガです。
こちらに向かったところを写せたら最高なんですが。
f0215964_9313171.jpg


上の枝に飛び移ろうとするエナガです。
f0215964_9323464.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-03-17 09:41 | 生き物

春は名のみの Ⅱ

 寒さは変わりませんが、昨日は比較的風が穏やかな一日でした。
いつもの砂防ダムに着くと直ぐに、モズに出会いました。
ラッキーでしたが、後ろの草叢が写って背景が煩い写真になってしまいました。
f0215964_1719281.jpg
f0215964_17194040.jpg


モズと暫く遊んで逃げられてしまったので、ダム湖を一周することにしました。
(私の場合、歩くことが優先ですので、一箇所に留まることはありません。)
そして、モズがいた場所に戻ってみると、何か動くものがいます。
目が悪くなっているのですが、こう言うものには敏感になっている様です。
良く見るとジョウビタキです。
f0215964_1729946.jpg

枝から草叢に降りたと思うと
f0215964_17295788.jpg

落ちている枯れ枝に乗ったり
f0215964_17312818.jpg

枯れ木に飛び乗ったりと忙しいです。
f0215964_1732327.jpg


ジョウビタキがいなくなったので、いつもの坂を降ります。
この坂を登り降りして、山登りのために足を鍛えている積りなんですが、山へ行くといつもバテてしまいます。
すると、何か飛んでいます。木にとまったところを写しましたが、ホオジロでしょうか?
鳥に疎い私はこのアングルでは良く分かりません。
f0215964_17374151.jpg


坂を降り切ったので、今度は登ることにします。
鳥を見つけながら登るので、それほどキツイ感じはしません。
こんな可愛い鳥(エナガ)に出会うと疲れなど感じないですね。
f0215964_1742424.jpg
f0215964_17421734.jpg
f0215964_17423016.jpg

[PR]
by itohnori | 2012-03-15 17:45 | 生き物

青い耳飾

 フェルメールに「青い耳飾の女」と言う作品があった様に思っていましたが、ネットで調べても見つかりませんでした。
”真珠の耳飾りの女 (青いターバンの少女)”と混同していたのかも知れません。
フェルメールを持ち出すこと自体がオコガマシイのですが、下手な水彩画をアップさせて頂きます。

f0215964_1024623.jpg

                     青い耳飾   F15(652×530)
[PR]
by itohnori | 2012-03-14 10:06 | 水彩画