<   2011年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

アゲハチョウ

 昨年はツマグロヒョウモンしか写せませんでしたが、今年は環境が変わったのでしょうか。
アゲハチョウを見る機会が増えました。
動きが早くて古いコンデジではなかなか写せませんでしたが、デジ一に替えた今年は幸い2種類のアゲハを写すことが出来ました。

オナガアゲハ
 多分オナガアゲハではないでしょうか。私にはジャコウアゲハとの区別がよく分からないのですが、腹部が赤くないのでオナガアゲハと思います。もし間違えていたら何方か教えて下さい。
f0215964_17311670.jpg

f0215964_1734330.jpg


アゲハチョウ
 前翅の付け根が黒くなっていないのでキアゲハではないと思います。
f0215964_17385756.jpg


More
[PR]
by itohnori | 2011-05-31 18:02 | 生き物

初夏に咲く白い花

 梅雨に入りました。台風が近づいている様です。みなさま十分にお気をつけ下さい。
こんな陽気でも、晴れると暑いですね。でも、今野辺に咲いている白い花を見ると涼しそうで気分爽快になります。

ノイバラ
 バラ科の落葉性のつる性低木。
f0215964_13264872.jpg

エゴノキ
 エゴノキ科の落葉小高木
私は食べたことはありませんが、果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ことに由来するそうです。有毒物質が含まれている様です。口にしないで下さい。果実を水の中で擦ると石鹸の様な泡がでましたので、子供の頃シャボン玉の木と言っていました。
f0215964_1335129.jpg

スイカズラ
 スイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。別名、ニンドウ(忍冬)。
「スイカズラ」の名は「吸い葛」の意で、古くは花を口にくわえて甘い蜜を吸うことが行なわれたことによるとのことです。
f0215964_13395519.jpg


ハルジオン  キク科ムカシヨモギ属
 これに似た花でヒメジョンがありますが、区別が付け難いですね。ハルジオンの蕾は下を向いて項垂れているような特徴があるそうです。写真だけではハルジオンかヒメジョンが分かりませんね。
f0215964_13461876.jpg


More  水彩画
[PR]
by itohnori | 2011-05-29 13:58 | 花の写真

「ガビチョウ」って何だ!

 ガビチョウは画眉鳥と書きます。
台湾、中国南部、インドシナなどに分布する鳥です。
鳴き声を聞くための観賞用として輸入されたものが逃げ出したり、放棄されたりして野生化したものと考えられている様です。
私が行く砂防ダムの周辺でも大変大きい声で、しかも綺麗な声で鳴いています。
なかなか姿を見ることが出来ませんでしたが、一度だけ姿を見せてくれました。
f0215964_16234030.jpg

目の周囲が白く、眉状に後方に伸びているのが特徴で「画眉鳥」と言う名の由来となっているとのことです。
f0215964_16243644.jpg

ダム湖の両側で大きな声で鳴いています。ウグイスなどの鳴き声を真似ることがあると言うことですが、確かにウグイスの鳴き声を編曲した様にも聞こえます。
f0215964_16295376.jpg

[PR]
by itohnori | 2011-05-27 16:35 | 生き物

赤城自然園の花 5月中旬

 小出しにして済みません。赤城自然園で5月中旬に咲いている花、最後です。
長らくお付き合い頂き、また素敵なコメントありがとうございました。

ヤマツツジ
 この辺りでは5月中旬が見頃を迎えます。
f0215964_19333679.jpg

石楠花
 赤城自然園には沢山の種類と量の石楠花があります。
今回は時間がありませんでしたので、1枚だけしか写せませんでした。
f0215964_19361129.jpg

エンレイソウ(ユリ科エンレイソウ属)
f0215964_19382473.jpg

イカリソウ(メギ科イカリソウ属)
f0215964_1939339.jpg

フデリンドウ(リンドウ科リンドウ属)
 以前、赤城自然園では絶える寸前と書きましたが、それは芝生広場のフデリンドウでした。
他の場所のヤマブキソウの根元に結構沢山咲いておりました。
f0215964_19401468.jpg

ツルハナシノブ(ハナシノブ科)
 調べた図鑑の写真が赤城自然園で写したものとのことなので、間違いないと思います。
f0215964_19435213.jpg

ヒイラギソウ(シソ科 キランソウ属)
 これは傍に名札がありました。
f0215964_19464120.jpg


More   マムシグサ
[PR]
by itohnori | 2011-05-25 19:54 | 花の写真

カルガモ

 いつもの砂防ダムにカルガモがいました。
くちばしが黒く先端部だけ黄色なのがカルガモの特徴だそうです。

f0215964_16112392.jpg

家族なんでしょうか。いつも泳ぐ時は、3羽仲良く一列になります。
f0215964_16114693.jpg
f0215964_1611593.jpg


More  いつもの下手な水彩画
[PR]
by itohnori | 2011-05-24 16:31 | 生き物

赤城自然園の花 5月中旬  白い花

 5月中旬に赤城自然園で見頃を迎える花のうち、白い花を集めてみました。

シロヤシオツツジ
 ここのシロヤシオツツジは幹が太くて古そうな大木です。
f0215964_19262261.jpg

チゴユリ
 下向きにひっそりと咲くチゴユリも風情があります。
f0215964_19534688.jpg

f0215964_19292057.jpg

イングリッシュデージー
 こちらは赤城自然園のあちこちで見られます。
芝生広場の芝の端にも咲いていて明るい気分にさせてくれました。
f0215964_19321575.jpg

またまた、名前の分からない花がありました。
f0215964_19333758.jpg
f0215964_19334845.jpg
f0215964_19335945.jpg

[PR]
by itohnori | 2011-05-23 19:32 | 花の写真

虎穴に入らずんば

 「虎穴に入らずんば虎子を得ず。」と言う諺がありますが、それほど大袈裟な話ではありません。
いつも行く砂防ダムは北側に舗装した道路、南側に舗装されていなくて鬱蒼とした林の中を通る道路があります。
以前、南側の道路で青大将を踏みそうになり、以来敬遠しておりました。
でも、舗装された北側の道路だけでは鳥の姿が見えなくなり、たまに見つけても車に邪魔されることがあります。全く収穫がないので、思い切って南側の道路に入ってみました。
危険は冒すものですね。諺通り確かに収穫がありました。

シロハラ(スズメ目ツグミ科)
 暗い林を好み、単独生活が主流。地上では落葉を跳ね除けて昆虫や木の実を食べる。
初めて見る鳥です。初めはカラスかなと思いましたが、調べてみるとシロハラと分かりました。
f0215964_151559100.jpg


 本当に小さく可愛い花を見つけました。直径5mmくらい?
初めて見る花で名前は分かりません。
f0215964_15182891.jpg

f0215964_15192742.jpg


こんな小鳥も撮影しましたが、遠すぎて何か分かりません。
f0215964_15213261.jpg

[PR]
by itohnori | 2011-05-22 15:34 | 生き物

ヤマブキソウ

 先日アップした山芍薬と同じ日に赤城自然園で写したものです。

f0215964_1735259.jpg

f0215964_2102595.jpg

f0215964_17354164.jpg
f0215964_17355240.jpg

前にあったイカリソウを暈かして写したものです。
f0215964_1736871.jpg

ヤマツツジを暈かして写しました。
f0215964_17361935.jpg

青い花(名前失念)を暈かして写しました。
f0215964_17362939.jpg

[PR]
by itohnori | 2011-05-20 17:39 | 花の写真

赤城自然園の花  4月下旬 その2

 4月下旬に写した赤城自然園の花ですが、遅ればせながら紹介させて頂きます。


シラネアオイ  キンポウゲ科(シラネアオイ科として分けることも多い)シラネアオイ属
f0215964_19453732.jpg
f0215964_19454779.jpg

サンカヨウ  メギ科サンカヨウ属
f0215964_19465423.jpg

ハルトラノオ  タデ科イブキトラノオ属
f0215964_1948307.jpg

ウグイスカグラ  スイカズラ科スイカズラ属
f0215964_19485992.jpg

スミレ 
オオバキスミレ(misaさんに教えて頂きました。いつもありがとうございます。)
 近くにいた人が黄色いスミレは大変珍しいと言うので写して来ました。
f0215964_19503864.jpg

草ボケ(シドミ)
f0215964_1951126.jpg

名前不詳
f0215964_19534089.jpg

[PR]
by itohnori | 2011-05-19 19:54 | 花の写真

5万株のヤマツツジの群落

 伊香保温泉の直ぐ上の長峰公園に5万株以上と言われるヤマツツジの群落があります。
(一部の方に1万株とお伝えしたと思いますが、間違いでした。)
もうそろそろ見頃と思って行って来ました。
現地に着くと、葉っぱばかり目立って花が少ない。もう、時期遅れと勘違いしました。
カメラを持った人が、「まだ蕾ばかりで早いね。」と話しかけて来ました。
「ここはもう遅いから、この上の森林公園へ行くと良いよ。」と私。
その人が、「上だと未だ蕾ばかりでこれから咲くまで間があるね。」と言います。
この人は良く聞こえないのかな、それともボケているのかなと思いました。
そして、長峰公園でも良く見ると蕾ばかり、ボケていたのは私の方でした。
そんな訳で今回はヤマツツジが山の斜面を赤く埋め尽くす写真は撮れませんでした。

それでも、ヤマツツジの群落はお分かり頂けると思います。
f0215964_17244924.jpg

伊香保温泉を見下ろす位置にあります。
f0215964_1726456.jpg
f0215964_17265765.jpg

人の背丈より高いヤマツツジが多いです。
f0215964_17275810.jpg

ヤマツツジのクローズアップ
f0215964_17292029.jpg


          駐車場あり;7~8台。

More   昨年の開花状況
[PR]
by itohnori | 2011-05-18 17:47 | 風景写真