<   2011年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

雪解け

被災地に一日も早い雪解けを!
f0215964_9144875.jpg

谷川温泉から見た谷川岳南面です。マナイタグラと言われています。

↓桜の開花宣言が出た地方もある様ですが
[PR]
by itohnori | 2011-03-31 09:05 | 風景写真

三寒四温

 エキサイトの不具合も終息した様です。皆様にご迷惑をお掛けしました。
また、以前の様によろしくお願い致します。


 一昨日、一昨昨日と寒かったのですが一転、昨日、今日は暖かくなりました。
計画停電も中止ということなのでホッとしています。
f0215964_15471066.jpg


ヒバリ?
[PR]
by itohnori | 2011-03-29 15:55 | 風景写真

ピョン

 エキサイトからのお知らせです。
「エキサイトブログの画像サーバの負荷が高くなり、処理に時間がかかっている影響で、一部、ブログの画像の閲覧と、ページの読み込みが難しくなっております。」

特に、写真が表示されるまでに時間がかかります。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。


 
f0215964_11481125.jpg

↑これ何だか分かりますか。



正解は
[PR]
by itohnori | 2011-03-28 09:18 | 生き物

居残る冬

 エキサイトからのお知らせです。特に、写真が表示されるまでに時間がかかります。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

「エキサイトブログの画像サーバの負荷が高くなり、処理に時間がかかっている影響で、一部、ブログの画像の閲覧と、ページの読み込みが難しくなっております。」




   こんな時に冷えなくても良いものを!
f0215964_14281365.jpg

[PR]
by itohnori | 2011-03-26 14:30 | 風景写真

追憶

 冠雪の谷川岳が良く見える地、一番手前の2本の木の近くに、茅葺家屋があったそうです。
私がこの場所を知る1年ほど前に取り壊されたとのこと。写真で分かる様に絵になる風景で、多くの先輩がここを描いておりました。
茅葺は維持するのが大変なのでやむを得ず取り壊したものと思いますが、直前まで人が住んでいた様です。
住んでおられた方の淋しさは計り知れないものがあります。

f0215964_1433627.jpg


 東北関東大震災の津波は理由もなく、多くの家屋を破壊しました。
復興の目処も立っていません。それを思うと心が痛みます。
私達は微力ながら、復興するまで諦めずに応援を続けます。
頑張って下さい。

[PR]
by itohnori | 2011-03-25 08:40

翡翠

     人生で初めて君に出会って感動した日に、人生で初めての大きな地震の恐怖を経験した。
f0215964_9484734.jpg
f0215964_949335.jpg
f0215964_9491366.jpg
f0215964_9492296.jpg

[PR]
by itohnori | 2011-03-23 08:10 | 生き物

視点を変えれば、結果が変わるかも

 自宅近くに3軒のGSがあります。
そのGSを先頭にして、最後尾が見えないほどの車の列が出来ます。
聞けば、1台千円分とか10~20リッターとか制限して、ガソリンを供給している様です。
それでは頻繁にGSに並ばなくてはなりません。しかも、渋滞が長時間続きます。
 私が行きつけのGSは甥の話では満タンにしてくれると言うことです。と言うことは、並んでも売り切れたら買えない車が多くなると言うことです。
昨日、このGSを先頭に長い行列が出来ていました。それを横目で見ながら散歩し、10分ほどして帰って見ると渋滞が解消されていました。これでは、買えない車が、多かったことは間違いないと思います。

でも、
私の様なアマノジャクは後者の方が良い様に思ってしまいます。数量を制限するから不足感でみんな並ぶ様な気がします。
「広く浅く」が良いのか、「狭く深く」が良いのか、どちらなんでしょうか?
難しい問題ですね。


↓視点を変えても下手な写真には変わりませんね。<(´_`)>

ベニゴウカン(緋合歓)
f0215964_14432029.jpg

ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)
f0215964_14435494.jpg

[PR]
by itohnori | 2011-03-21 09:15

日本は先進国?

 援助物資が届くと、被災者がどっと押し寄せ略奪して行く様に持って行く。
開発途上国の中でこの様なことが起こるのをTVで見たことがあります。

 ところが、東北関東の被災地では
援助物資が届くと、リーダーらしき人のもとで、何人かが粛々と受け取る。
そして、十分とは言えない援助物資が避難している方々に公平に配られる。
日本人は素晴らしいなぁと思う瞬間です。

一方、日本でも被災していない地域では、上の開発途上国に似た様なことが起こっています。
みんなが少しづつ我慢したいものですね。
[PR]
by itohnori | 2011-03-19 09:45

これから冬眠に入ります

 これから冬眠に入ります。と言っても、ブログの更新をやめる訳ではありません。
  不要不急の車の使用をやめます。
  必要以上の買い物はしません。
と言うことなのです。

 50年ぶりに、Uターンして驚いたのは、群馬県の人の多くは
  100m先のコンビニへ行くにも、家庭ごみを出しに行くにも車を使います。
そんな県民性の様に見えます。
昨日、GSの前に数kmに渡り車の行列が出来ました。
道が狭くて、何も知らない自衛隊の車がその中に並んでいました。こんな不都合も生じています。
先頭に行ってみると、GSは開いていません。ガソリンが届くのかどうかも分からない状態です。
運良く供給を受けられるとしても、1人10リッターまでなのです。
これはもはや県民性の問題ではないでしょう。
皆さん、本当に逼迫しているのではないでしょうか。
電車はここ数日全く動いていないのですから。

 ホームセンターへ行って見ました。
トイレットペーパーは一人1点と制限されているのに、殆ど売り切れ。
乾電池も同じです。
私は50年前の携帯ラジオを引っ張りだしてみました。これが奇跡的に動きます。
しかも、使う電池が角型の006P。今の電気製品では余り使わない電池です。
流石にこの電池だけは売り切れずに残っていました。

 スーパーでは食パンとラーメン類が売り切れ状態です。
でも、こちらは産地が近いので野菜やコメはあります。

 「買占めをやめろ」などと、他人を非難するのは簡単です。
でも、そんなことを言っていても始りません。一番上に書いた様に、自分の出来ることから始めます。
[PR]
by itohnori | 2011-03-18 08:13

計画停電

 計画停電を経験しました。
第1回目は午後4時から7時まででした。
 こんなに長い停電は戦時中、戦後に経験して以来でした。
被災地の方々のことを思えばこれくらいはと言う気持ちと、終わりが分かっている停電なので、暗闇の中でもそれほどの苦痛は感じませんでした。
義弟は停電の間中、義母から戦時中の話を聞かされたとぼやいていましたが、親子間、夫婦間のコミュニケーションのためには良かったのかも知れません。


第2回目は午後1時から4時まででした。
 厳寒の時期と異なり寒さも感じませんでした。また、散歩に費やす時間をこの間に当てたため、特に不便も感じませんでした。
でも、病院関係、交通や保安関係の方々を始めとして、不便を感じておられる方も多いのではないでしょうか。



 敢えて、コメ欄は閉じません。
物資が不足して、寒さと飢えで凍えている方が沢山いる避難所のリーダーの方がTVで、「私達は少しでも援助物資があるのでまだ良い方。この近くでも援助物資が届かない所がある。そちらを何とかして欲しい。」と言っていました。これが仲間を思い遣る日本人の本来の姿と思います。
援助物資を個人的に送りたい方も沢山いると思いますが、受け取った側の窓口が混乱する様です。今は義援金の呼びかけに応じるのが一番とのことです。
被災地の方々を心配する気持ちは大切すが、被災していない我々が元気をなくしてしまっては被災地の方々に申し訳ないと思います。
我々としてなすべきこと、どの様なお手伝いが出来るのかなど、良いアイデアがあれば是非ともお聞かせ願いたいと思っております。





[PR]
by itohnori | 2011-03-15 21:10