2013年 05月 26日 ( 1 )

赤城自然園の花々

 また、以前写した赤城自然園の花をアップさせて頂きます。

①ラショウモンカズラ
 シソ科ラショウモンカズラ属の多年草。
ウィキペディアによれば、「名前はこの花を、渡辺綱が羅生門で切り落としたとされる鬼女の腕に見立てたものとされる。」とのこと。
そんな気持ちの悪いものには見えず、寧ろ美しく感じますが。
f0215964_1623798.jpg

②ハンカチノキ
 赤城自然園へこの木を目当てに訪れる人が多く見受けられます。
f0215964_16264593.jpg

③ヤマブキソウとヤマツツジ
f0215964_16273080.jpg

④シャガ
 ウィキペディアによれば、「シャガは中国原産で、かなり古くに日本に入ってきた帰化植物である。」とのことです。
f0215964_1628799.jpg

⑤ウラシマソウ
 マムシグサと同じくサトイモ科テンナンショウ属の多年草 。
 花の先端の釣り糸状のものを浦島太郎が持っている釣り竿の釣り糸に見立てて名前が付けられたのではないかと言われている。
f0215964_1628361.jpg

⑥オキナグサの実
 この姿がまさに老人の頭に似ていますね。それが名前の由来の様です。
f0215964_16291076.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-05-26 16:45 | 花の写真