ヤブサメ

 先日、水場に行くと以前会った人から声を掛けられた。

大きな声で話す人なので、あ~、今日は駄目だと思いました。

イスカの話が出たので、「その時煩い奴がいたので、静かにして下さいと言っちゃった。」と牽制すると、それを察したのか「自分もその傾向があるのは認識している。しかし、野鳥は声よりも人の動きを嫌がる。」と言います。

自分を正当化するための屁理屈はいろいろ考えられるのですね。

でも、この人は野鳥が出て来た時、場所を教えてもなかなか見つけられない。

注意力が野鳥でなく、お喋りする方に行っている様に感じる。

 その数日前の話ですが、若いおばあちゃんが小学校低学年の男の子とハイキングに来た。

途中この水場に寄ったのだが、「声を出すと鳥が逃げるから静かにしなさいよ。」と言っていた。

子供がくしゃみをしたのだが、その人は我々に向かって、済みませんと頭を下げていた。

野鳥のことを知らない人でも、この様にマナーを守るのに、バーダーの中にマナーの守れない人がいるのが残念だ。

 確かに、この水場は鳥が出て来る所が遠いので、少々大きな声で話しても出て来る鳥がいます。

しかし、アカゲラなどは絶対に出て来ることはないでしょう。

そう言う鳥を待っている人もいることを忘れて欲しくないと思う。


 さて、野鳥ですが、今回は

比較的近くに出て、大サービスしてくれたヤブサメです。




f0215964_16321988.jpg

f0215964_16322668.jpg

f0215964_16323449.jpg

f0215964_16324554.jpg

f0215964_16325330.jpg








[PR]
by itohnori | 2015-08-24 07:00 | 野鳥


<< 素早いサンコウチョウ アリャー、遠過ぎる!ミソサザイ >>