レンジャク転じて…(アトリ編)

 数多くの皆さんがレンジャクの素晴らしい写真をアップしておられますので、私などの出る幕はないと思っておりました。

しかし、鳥枯れでネタが不足して来ましたので、重い腰を上げてレンジャクのポイントであるO公園に行って見ました。

ところが、全く見当たりません。

カメラを構えたバーダーさんの数も少なくて手持無沙汰の様子です。

抜けてしまった様です。

それならば、「気温の低い赤城山の中腹なら未だいるだろう。」と思って行って見ましたが、こちらも全く気配がありません。

このまま帰るのも癪なので、M公園に寄って見ました。

M公園にも野鳥が居る気配がありません。

歩いていると、バーダーさんに会ったので、「鳥がいないですね。」と言うと、「ミヤマホオジロとゴジュウカラがいる。」と言う返事。

渡りに船とはこのこと。その方の後を着いて行って、暫く待っていると、アトリ、ミヤマホオジロ、カシラダカ、シジュウカラが次から次へと出て来ました。

ここでは餌付けしています。

鳥枯れの現在、「餌付けした鳥は写したくない。」などと贅沢を言っている状況ではありません。

後で調べて見ると、700ショット以上連写していました。

今回はその中のアトリです。


①アトリの群れ
f0215964_20023384.jpg
②番かな?
f0215964_20033564.jpg
③人馴れして近づいて来ます
f0215964_20042371.jpg
④洞の中を覗いていたアトリ
f0215964_20051427.jpg









[PR]
by itohnori | 2015-03-17 08:16 | 野鳥


<< レンジャク転じて……(ミヤマホ... ノスリのいる風景 >>