枝止まりのキビタキ

 昨日、ある雑誌を読んで驚いた記事に出会いました。
外国人バードウォッチャーが憧れる日本の野鳥は?
ヒレンジャク、シマフクロウは何となく納得します。
ウミウ、ウミネコも。
?の気持ちが残るもののまあ納得することにしましょう。
しかし、ヒヨドリと言われたらどうでしょう。
ヒヨドリは日本以外には韓国、台湾の一部にしか分布していないので、
外国人バードウォッチャーが見ると狂喜乱舞する鳥の一つなのだそうです。


 さて、本題です。
毎年GWの頃、近くの里山でキビタキを写せたのですが、今年は河川工事をしていたため見られませんでした。
伊香保の水場に行けば、キビタキは写せるのですが、水辺の写真ばかりで枝止まりはなかなか見られません。
今回、枝止まりを写すチャンスがありましたので写して来ました。
背景が抜けて整理されると主役が引き立ちますね。
いつもこの様な情景で写せると良いのですが。

①キビタキ♂成鳥
f0215964_826826.jpg

②キビタキ♂成鳥
f0215964_826167.jpg

③キビタキ♂成鳥
f0215964_8262443.jpg

④キビタキ幼鳥
f0215964_8263398.jpg

⑤キビタキ幼鳥
  後ろ向きの画なんて愚の骨頂。
 しかし、何故か捨てきれないイチマイです。
f0215964_8264197.jpg

[PR]
by itohnori | 2014-07-21 08:31 | 野鳥


<< イカル キビタキ若とヤマガラ若の睨めっこ >>