悪夢

 昨日サンコウチョウのポイントに行き、巣を覗いたところ抱卵している筈の♀がいません。
何処かへ出かけたのかなと思いながら暫く待っていましたが、帰って来ません。
嫌な予感。
そこへIさんがやって来て「カラスにやられたらしい。」と言います。
一昨日の午前10時には異常がなかったのですが、その時点で既に孵っていたのかも知れません。
その後、親鳥が巣を離れた隙にカラスにやられたと思われます。
ヒナの可愛い写真を写して皆さんにご覧頂こうと思っていましたが、叶わぬ夢となりました。
本当に残念な結果となりましたが、これが自然の厳しさなのでしょう。
まだ、撮り貯めたサンコウチョウの写真が沢山あります。
今後適宜アップして行きたいと考えておりますので、ご覧頂ければ嬉しいです。

 当分の間はまた背景に枯葉の写った写真に戻らせて頂きます。(笑
今回は5月と6月に水場で写した小鳥達です。

①キクイタダキ
 名前の由来となった頭頂部の菊の花弁が良く分かります。
f0215964_9271189.jpg

②センダイムシクイ
 特徴である頭央線が良く分かります。
f0215964_9273915.jpg

③ゴジュウカラ
f0215964_928672.jpg

④ヤブサメ
f0215964_928378.jpg

⑤ルリビタキ
f0215964_929253.jpg

[PR]
by itohnori | 2014-06-22 09:30 | 野鳥


<< 水場のマミジロ(スズメ目ツグミ... サンコウチョウ日記 >>