シメ、カケス、カワラヒワしか写せない…贅沢な悩み?

 今シーズン蓮池で撮影を始めた時は、いつも高い木にカワラヒワがとまっていて、時によってはイカルやシメも。
イスカを写した時はその後も楽勝と思っていたのですが、ここのところ見られる野鳥が決まって来ました。
いつも野鳥が停まっていた高い木にも何もいません。
カシラダカが一番多くてシメ、カケス、カワラヒワになってしまいました。
人によっては何と贅沢なと思われるかも知れませんが、やはり違った野鳥を写したくなります。
 と言う訳で、新しい鳥に期待して昨日も蓮池に行ってみました。

①先ず現れたのがカシラダカ。
  これを写していると、自称ベテランのバーダー。
 他のカメラマンがレンズを向けている先や池の周りをガサガサ落ち葉の音をさせて歩き回るのが、
 ベテランなのでしょうか?
 「カシラダカなど野鳥のうちに入らない。」と言う様なセリフを残して何も写さずに帰って行ったので
ホッとしました。
f0215964_10544954.jpg

②カシラダカ
f0215964_10564373.jpg

③しかし、なかなか鳥が現れません。
  やっと、現れたのがカワラヒワ。
 遠くの高い木にとまっていますが、写すしかありません。
f0215964_10574532.jpg

④そうしているうちに、近くの木にとまってくれました。
 しかし、良い絵にはなりませんねぇ。
f0215964_10585323.jpg

⑤そして、またばったりと出が止まります。
シメが見えましたが、遠くの木で大きくトリミングしてもこんなショボイ感じです。
f0215964_10593280.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-12-02 11:03 | 野鳥


<< しめ、シメ、鴲…シメたミヤマホ... エナガ >>