イスカ?

 例の公園の蓮池で待っていると、いつもカワラヒワがとまる木に野鳥の群れがやって来ました。
「また、カワラヒワか。」と思いながらファインダーを覗くと赤い鳥が見えます。
カワラヒワではない!
「とすると、yumeoibitoさんが言っていたベニヒワ?緑の方はマヒワかな?」

しかし、図鑑で調べて見ると、イスカの様に思います。
遠くて証拠写真程度ですが、イスカならば初撮りで大変嬉しい。

(参考)ウィキペディアによれば
イスカ
 
 スズメ目アトリ科
日本には主に冬鳥として渡来するが、年によって渡来数の変動がある
イスカの嘴は左右互い違いになっており、このくちばしを使って、マツやモミなどの針葉樹の種子をついばんで食べる
このくちばしから物事が食い違うことを「イスカの嘴(はし)」という。

①やって来たイスカ?の群れ
f0215964_914079.jpg

②少しトリミングすると
f0215964_923487.jpg

③更に大きくトリミング
f0215964_924554.jpg

④嘴が左右互い違いになっているかどうかまで分かりませんね。
f0215964_925465.jpg


f0215964_93547.jpg


f0215964_931545.jpg

⑦こちらが♀の様ですね。
f0215964_932499.jpg


f0215964_933237.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-11-15 09:11 | 野鳥


<< カシラダカ 江戸の敵を長崎で討つ >>