カワセミにリベンジ

 先日カワセミの写真をアップしましたが、同じ公園でもう少し良い写真が撮れないかとリベンジして来ました。
地元の人の話によると、日本庭園にある池(以下、庭園池)と200mくらい離れていたところにある昔釣り堀にしていた池(以下、釣り堀池)を行き来しているとのこと。
前回、庭園池では全く見られなかったので、今回は釣り堀池に集中して見ようと思いました。
しかし、釣り堀池では遠くに1回見えただけで、後は全然出ません。
近くを通った野鳥観察の人が庭園池では午前中しか見られないと言うので、釣り堀池で待っているのが正解と確信しました。
しかし、全然出ません。それでも、粘ってみようと思い、カルガモなどを写しながら待ち続けました。
①その中の一枚がこんな写真。
  ここのカルガモは人馴れしていてどんどん近づいて来ます。カメラを後退させながら写しました。
f0215964_930980.jpg


 しかし、2時間半くらい待ち続けても出ないので、撤収することにしました。
そして、庭園池近くを通ると池の中を熱心に見つめているカメラマンがいます。
その人の話ではカワセミが出ていると言うので、話をしながら待っていると釣り堀池では考えられないほど近くに出てくれました。
②嘴の下側が赤いので♀の様です。
f0215964_9294837.jpg


f0215964_9314930.jpg

④これは嘴の下が赤くないので、♂なのか若なのか?
f0215964_93228100.jpg

⑤これは飛び出す瞬間。SSは1/400秒です。手前の羽がブレています。
f0215964_9343996.jpg

⑥飛翔シーン。SSは1/400秒です。かなり、ブレていますが、左下の苔がはっきり写っているので、シャッターブレではなさそうです。
f0215964_9411151.jpg

⑦こんな写真が写せると嬉しくなります。
f0215964_9413257.jpg


 かなりの枚数写したし、時間も遅くなったので、撤収しようとしてカメラとテレコンをレンズから外した瞬間、カワセミがまた現れました。
そのまま帰ろうとしたのですが、全然逃げません。
それならばと、もう一度カメラだけをレンズに取り付けて写して見ました。
⑧背景が少し煩くなります。
f0215964_945367.jpg

⑨しかし、テレコンなしだと、明るくなりSSが稼げますので、飛翔シーンも感じよく写せる様に思います。
これくらい近い場合はテレコンなしの方が良い様に感じます。
SSは1/1600秒です。
f0215964_947457.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-10-11 09:56 | 野鳥


<< 秋は渡りのシーズン  ソバノビ いつもの公園で写した野鳥と蝶 >>