また、ベニマシコに会いました

 今回も雪の残っている坂道を野鳥を探して登って行きます。
凍結していて滑るので野鳥を探して上ばかり見ているのは危険です。
稀に散歩の方が来るのですが、追い抜かれて行きます。
先に行かれると、道近くにいた野鳥が逃げてしまうので、少し時間を取るために益々歩みがおそくなります。

1.先ず出迎えてくれたのはルリビタキです。
f0215964_9293434.jpg


2.♀なのか♂の若なのか私には全く区別がつきません。
f0215964_9292136.jpg


3.そこから少し登ると、今度はルリビタキの♂です。
  この個体はなかなか近寄って写すことが出来ないうちに逃げられてしまいました。
f0215964_9324553.jpg


4.更に少し登ると、カワラヒワの鳴声が聞こえたかと思うと、地面からパッと飛び立ちます。それでも近くの木にとまって逃げない個体がいました。
f0215964_9354713.jpg


5.この個体は私が少し動いても逃げる気配がありません。
f0215964_937969.jpg


6.傍にもう1羽いると思って写したらアトリでした。
f0215964_938361.jpg


 暫くの間、ここで遊んでからいつもの場所まで登り、帰ることにします。
そして、始めにルリビタキを見つけた場所まで来ると、何か動いています。
7.それはベニマシコでした。
f0215964_942754.jpg


8.枝被りですが、何とか見られそうな写真が撮れました。
f0215964_9423790.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-02-14 09:49 | 野鳥


<< 水彩画 水温む 妙義山 雪の晴れ間 >>