ベニマシコ

 ベニマシコの”マシコ”は猿の古名「猿子(ましこ)」で、ニホンザルの赤ら顔に由来するそうです。
その様な野鳥を何故熱心に追掛けるのと疑問に思われるかも知れませんね。
私は単純に余り見られないからと言うのが理由です。
まさか、故郷の里山にこの様な野鳥がいるなんて思ってもみなかったからです。

1.ベニマシコ♂
 水辺の草むらの中にいました。草が邪魔ですね。 
f0215964_1012743.jpg


2.ベニマシコ♂の若?
 これは良い位置に出てくれました。
f0215964_1023246.jpg


3.ベニマシコ♀
 これも良い位置にいました。
f0215964_1054485.jpg


4.ベニマシコ♀
f0215964_1064026.jpg


5.ベニマシコ♂若?
f0215964_1073345.jpg


6.♂♀仲良くならんでいます。
f0215964_1084345.jpg


7.右下にチラッとミヤマホオジロが。探していたのに見つからず、こんな所にいるとは!
 現地では分からず、PCに取り込んでから見付けました。
f0215964_1094021.jpg


8.ミヤマホオジロがいると分かっていたら、もっとはっきり写せたのにと残念。
f0215964_1013792.jpg


9.ベニマシコ♂の若でしょうか?
f0215964_10145326.jpg

[PR]
by itohnori | 2013-01-26 10:18 | 野鳥


<< 黄色いモヒカン ミヤマホオジロ 水彩画 初めてのバレエレッスン >>