河岸段丘の街

 群馬県沼田市は教科書にも出て来るくらい有名な河岸段丘の街とのことです。
勉強しなかったためか、私はそれを知ることもなく、つい最近ネットで知りました。
 沼田市の場合、浅間山の噴火により、利根川(片品川)が堰き止められて湖ができて、その堰が順次崩壊して、幾重もの段丘が出来たとのことです。
その沼田市を昭和村から見ると、武尊山に抱かれた雄大な景色として見ることが出来ます。
私はこの雄大な風景が好きで、何度か水彩画で描いて見ましたが、描く度に力不足を感じさせられます。

f0215964_1650592.jpg

             河岸段丘の街  F15号(652×530)
[PR]
by itohnori | 2012-03-25 16:59 | 水彩画


<< えっ!もう蝶が飛んでいる、それ... 逃げろ! >>